菅野宏康自己紹介ページ

このページは、たすけ愛の代表理事である私、

菅野宏康がどんな人物かを

どんな人物かを知って頂くためのページです。

 

先ず初めに、

「このブログ『いまここから』に、どんな想いを込めているか?」

をご紹介させて頂きます。

 

私たちの人生は、いつも「いま、ここから」がスタートです。

 

ですから・・

「いま、ここから」、どんな世界へ歩んでいくことも出来ます。

「いま、ここから」、望む未来を創り上げることも出来ます。

「いま、ここから」、過ぎた過去を変えることも出来ます。

「ツラく苦しい過去」も未来を変えることで「苦しい過去」ではなく

「良き思い出の過去」に変えることが出来ます。

 

ですから『いま、ここから』は、新しい人生の誕生日なのです

そんな、皆さんの『誕生日』の良きスタートになればとの想いで

このブログを綴っていきたいと考えています。

 

私たちの人生は、いつも『いま、ここから』が始まりなのです。

 

ここで少し、私の過去と歩んで来た人生をご紹介したいと思います。

 

ここからは、インタビュー形式でご紹介させて頂きますので

興味のある方はご覧ください。

 

 

年齢とご出身は…?

 

1951年3月生まれで、現在(2018年8月)67歳です。

 

出身は福島県東和町(現在は二本松市)の山の中で、

今でも、サルやイノシシ、クマなどが出来ます(笑)。

 

 

 

どんなことをされて来たのですか

 

私は、高校卒業と同時に東京で「職人」の世界に住み込みで入りました。

 

職人の世界は縦社会ですから、

親方や先輩の言葉は絶対でした。

 

朝6時起床、7時までに掃除と仕事の準備。

 

7時朝食、7時半(職人さんたちは8時)には仕事開始。

 

12時に昼食、夜6時に夕食。

 

夕食後6時半から9時まで仕事で片付けが終わるのは10時。

 

その後、先輩たちのお世話をして自分の時間が取れるのは12時。

 

銭湯に行って終り湯に入って休むのが夜中の1時位。

 

こんな毎日が続きました。

 

休みは、第一日曜と第三日曜の月2回のみで

現代風に言うと、完全な「ブラック企業」ですよね。

 

でも「ツラい」と思ったことはありませんでした。

 

どちらかと言うと、仕事を楽しんでいたと思います。

 

しかし、訳があって、

その仕事を辞めることになり田舎に戻りました。

 

 

その後は・・

 

次男坊でしたから稼業を継ぐことは出来ませんので起業を模索していました。

 

そんなある日、街に出て「あるビジネス」に出会ったのです。

 

今風に言うと『移動式百均』です。

 

時代が高度成長期でしたから、そのビジネスを始めると当たりました。

 

社員を雇い、調子に乗っていると資金繰りに追われるようになり

30歳で、当時のお金で5000万円の借金を抱えて倒産しました。

 

しばらくの間、もがき苦しんでいましたが「何か」しなければなく

選んだのが「営業」でした。

 

最も苦手で嫌いな職業でしたが、何もかも失った人間に残されていたのは

「営業の世界」しかありませんでした。

 

 

それで、どうされたのですか

 

苦手で嫌いな仕事ですから「上手く」いくはずがありません。

 

結果の出せないまま居たのですが、他の人と違うことをしなければ

「結果が出せない」と考え、やり方を工夫するようになりました。

 

すると、驚くような成果を出すことが出来ました。

 

お蔭さまで「月収200万位」になりました。

 

年収で一億近くあった時もあります。

 

 

例えば・・どんな・・

 

家庭用消化器を1年間で約1万本売りました。

 

当時、トップセールスマンでも年間5千本位だったと思いますので

かなりの数字だと思います。

 

殆んどのセールスマンは、

一件一件、家庭訪問をしていたのですが

私たちは社員の多くいる職場を訪問して『防火訓練』を提案したのです。

 

すると、地域消防団や消防署から推薦等を頂き、凄い数が売れました。

 

また、ある浄水器メーカーからは新商品の販売を依頼されましたが

「売る」のではなく「ダダであげる」というアイデァを提案し

カートリッジ累計で280万個を販売しました。

 

そのメーカーさんは、

現在では7階建ての大きな自社ビルを持つに至っています。

 

あとは、売れ残り商品を抱えていた大問屋さんの在庫を

「相撲ブーム」を利用して、相撲ゲームの「おまけ商品」にすることで

年間10億円の超える売上にして、在庫一掃のお手伝いをしました。

 

 

いろんな実績をお持ちですが、そこから学んだことは・・

 

「セールス」と言う世界を通じて学んだことは数多くありますが

一つは「魚のいない池では、魚は釣れない」と言うことです。

 

「魚を釣りたければ、魚の居るところに行くか、

自分で魚の住む“生け簀”をつくるしかない」と言うことです。

 

その考えが100万人の『たすけ愛』という

プラットホームを創るという構想に繋がっていると思います。

 

もう一つは「ビジネスは仕掛け次第」と言うことです。

 

努力や才能も大切ですが「仕掛けの良し悪し」によって

成果は大きく左右されると言うことです。

 

私のような凡人でも「仕掛け」が良ければ

驚きの成果を上げることが出来るのです。

 

ですから『仕掛けはセールスの命』です。

 

また「セールスはアート(芸術)」だと思います。

 

自分の想いを「楽譜」や「キャンバス」を使って伝える芸術家と同じで

「商品」という媒体を使って想いを伝えるのがセールスマンだと思います。

 

ですから「自分の想い」と違うものを扱ってはいけないと思っています。

 

 

今までで、何かツラかったことは・・

 

いろんなことが、たくさんありましたが

「過ぎてしまえば・・」すべて「良し」ですね。

 

ある時期から「セールスの世界」から「資産運用の世界」へシフトしました。

 

稼いだ金を、友人や知人の勧めで「株」や「土地」等、

いろんなものに投資をしました。

 

また「預けるだけで月5%の配当が頂ける」と話にも乗りました。

 

しかし「株」は紙くず。「土地」は二束三文。

 

「預けた金」は持ち逃げ。すべて、上手くいきませんでした。

 

失った金額は「億」を超えます。

 

だからと言って、勧めた方々、騙して逃げた方を恨んではいません。

 

何故なら、その人たちのお蔭で「今」があるからです。

 

また、3年前には「13億円」を一夜にして失いました。

 

失ったと言うよりも「会社」がなくなりました。

 

これは、ツラかったですね。

 

自分の金だけなら、諦めも付いたのですが、ご紹介した方々が居たからです。

 

お金は預かっていなかったのですが「良い」と思って紹介した方々のことを

考えるとツラかったです。

 

ただ、その様な状況の中でも、声援を送ってくれた方々が居たのが、

凄く嬉しかったし、元気が出ました。

 

ですから「何があっても『たすけ愛』を通じて、多くの億万長者を誕生させ

弱い立場の人たち、困っている人たちの力になろう」と決めたのです。

 

 

それが『(株)いまここから』での億万長者を誕生させることでしょうか

 

私は「幸せになることは権利ではなく義務」だと思っています。

 

要は「幸せにならなければならない」と言うことです。

 

その「幸せになる」ための一つが「親の喜ぶことをする」であり、

もう一つが「人のお役に立つこと」だと思っています。

 

「親が喜ぶこと」の一つが「親から授かった能力」を

少しでも多く使うことだと思います。

 

親の一番の望みは「授けた能力を最大限に使って、

幸せな人生を歩んで欲しい」だと思います。

 

その能力を開発するのに「お金を稼ぐ」と言う行為は最良だと思います。

 

何故なら「お金を稼ぐ」と言う行為は、

人を喜ばすことを工夫する行為だからです。

 

人を喜ばすことを工夫し、

人に喜んで頂いた数に比例して「お金」は入って来るからです。

 

ですから「お金を稼ぐ」と言う行為を怠ると言うことは

「親に喜んで頂く」という行為を放棄したことになります。

 

それは「幸せになる」と言う義務を怠ることでもあります。

 

また、今までに体験したことのない領域に挑戦すると言うことは

能力を開発すると言うことです。

 

ですから「億万長者になる」ことが目的ではなく

「億万長者に挑戦すること」が重要なのです。

 

また「億万長者になる」ことで、人の夢を応援することが出来ます。

 

そして、人に夢と希望を与えることが出来ますよね。

 

『(株)いまここから』の『お金を掛けずに億万長者プログラム』は

億万長者になって「お金持ちになる」ことが目的ではなく

私たちは、能力を駆使すれば「お金を掛けずとも億万長者になれる」

と言うことを実証することです。

 

また、億万長者になることで、未体験の領域を体験して頂いて

自分に自信と誇りを持ってもらうことです。

 

そして、更に自分の能力を開発しして、

人に喜んで頂ける人生を歩むことです。

 

そのことで「より幸せな人生」を歩んで頂きたいからです。

 

 

今後の活動は・・

 

現在は『一般社団法人たすけ愛』という団体の

代表理事を務めさせて頂いていますので

この団体から社会に必要とされる様な人財を多く輩出することです。

 

その為に、今までの経験や人脈を活かして「人」や「企業」や「情報」を繋ぎ、

みんなの支援をしていきたいと思っています。

 

要は『ブローカー』ですかね。

 

私は、本当は『ブローカー』という言葉が好きです。

 

結婚の仲人さんも「ブローカー」ですからね。

 

しかし、日本人は余り良いイメージを持っていませんから

私は『お繋ぎやさん』と呼ぼうと思っています。

 

『お繋ぎやさん』として、みんなの夢と未来を繋いでいきます。

 

 

最後に何か・・

 

冒頭でもご紹介しましたが、私たちは、どんな時も、何があっても

「いま、ここから」スタートできるのです。

 

どんな未来も・・どんな人生も・・

望んだ道を「いま、ここから」歩み出すことが出来るのです。

 

その時に、必要になるのが「助け合う仲間」だと思います。

 

ですから『たすけ愛』に参加し『たすけ愛』の仲間と自分の望む人生を手にして欲しいのです。

 

「幸せな人生」を歩んで「生まれて来た義務」を果たして欲しいと思います。

 

このブログ『いま、ここから』が、その道しるべになれば幸いです。

 

感謝 合掌

菅野宏泰